2013年08月22日

高野連て何のためにあるんだろ?

いよいよ本日決勝戦

個人的に花巻東の千葉選手の活躍にワクワクしていたが
破れてしまって残念・・

負けたのは知っていたが、仕事で全く途中経過も見れず
今朝の新聞報道で驚きの事実が!

千葉選手のスイングについて

高校野球特別規則・17「バントの定義」

バントとは、バットをスイングしないで、
内野をゆるく転がるように意識的にミートした打球である。
自分の好む球投球を待つために打者が意識的にファウル
するような、いわゆる”カット打法”は、その時の打者の
動作(バットをスイングしたか否か)により、審判がバントと
判断する場合もある。

判断する場合もある、ということはならない場合もあるわけで。
ここまでしか動作しないとアウト、ここまでやればセーフって
説明をしていないようだが、これって相当フェアじゃないよね。
線引きしないで、ちょっとおだっている(北海道の方言?調子に
乗っている)から見せしめに潰してやろうってのが見え透いている。

なんてったって、高野連様々なんだからとにかく絶対服従を
強制されているわけで、逆らうことは出来ません。
いわゆるパワハラのスペシャル版でしょ?
すぐ出場停止とか辞退勧告とかするんだから

高校野球の定義って、確か勝敗にがっつくんじゃなく
健全な心身を鍛えるためとかそんな感じじゃなかったっけ?

千葉選手って、このご時世に156センチと少し小さい体を
最大限活かせる為にはどうすれば一番効率がいいか考えた末、
機動力と器用さを活かしたプレイスタイルを構築したわけで
これは体格的に劣っている子供達にも勇気を与える活躍だった
のではないかと思うのは俺だけか?

去年の挨拶で、大谷が見れないのは残念と言っていた馬鹿がいたが
あれが高野連の姿じゃないのかな。商業至上主義!!

準々決勝で注意されたサイン盗みっぽいのは、やっていないだろうけど
指導が入っても致し方ない(実際中継を見ていた時にヤバいと思った)
強いところが勝つのも面白いけど、個人個人が少し足りなくても
チーム力で予想を覆すのも楽しいのでは

高野連は、言動に配慮が足りなかったことを謝罪してもおかしくないくらい
多感な子供たちを傷つけたことを認識してもらいたい
(まあ、絶対にしないことは分かっているけどね)

決勝は、宮崎県勢初優勝がかかっている延岡学園を応援しようかと
思っていたが、ニュースのあまりのくだらなさにシラケてしまったわ

球児のせいではないので、どちらも頑張って



posted by 代打の代打 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。